爪 白い線 横

爪に白い線が横に出る原因

スポンサーリンク

爪は健康のバロメーターと言われている場所です。
形や色を見れば、その人の健康状態が分かると言われています。
ふとした瞬間に、爪に目を向けたとき白い線が横に入っていたことはありませんか。
ここでは、白い線が横に入ってしまう原因について説明していきます。
原因の一つ目は、ストレスが溜まっていたり体調不良が原因で白い線が横に入ってしまいます。
精神的なストレスが溜まっていたり、生活習慣が不規則だったりすると、正常に生成することができずに、白くなってしまうことがあります。
亜鉛が不足している場合にも、白い線が出てきます。
亜鉛は、新陳代謝を活性化させる働きを持っています。
新陳代謝を活性化させる亜鉛が不足してしまうと、爪を生成している場所に栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。
胃や肝臓などの臓器に異常がある場合にも、白い横線が出てしまうこともあります。
また、どこかにぶつけたり大きな力が加えられたり、ドアに挟んでしまった場合にも、白くなったり変形してしまったりすることもあります。

スポンサーリンク

白い横線が入ってしまった場合の治療法は、特にありません。
白い線は、爪が伸びれば自然に消えていきます。
なので、そんなに気にする必要もありません。
ただ、体の状態を知らせているのは確かなので、体調不良であったり精神的なストレスを感じている場合には、ゆっくりと体と心を休め過ごすことが大切です。
それから、生活習慣や食生活の見直しをしてみて下さい。
あまり好き嫌いはせずに、バランスの摂れた食事を心がけるようにしましょう。
爪の生成を手助けする亜鉛を含む食材には、牡蠣やチーズ、大豆製品、アーモンド、レバーなどがあり、この他の食材にも含まれています。
亜鉛が不足している場合は、亜鉛を含む食材を普段の食生活に取り入れて亜鉛不足を解消しましょう。
また、線がいてまでたっても消えない場合や、一つだけでなくほとんどの爪に白い線が入っている場合は、内科や皮膚科を受診してください。
詳しい検査をしてもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク