足の爪 黒い 水虫

黒い足の爪は水虫が原因です

スポンサーリンク

足の爪が厚くなったり、黒ずんでいる場合は水虫になっている可能性があります。
水虫といえば足の裏や指の間など皮膚にできるものと思われがちですが、じつは爪にも水虫の原因菌である白癬菌は感染するのです。
このような黒い足の爪の症状は原因菌の名をとって爪白癬とも呼ばれており、長期間にわたって水虫を患っている人の多くが、この症状も発生していると言われています。
爪白癬は放置しておいても治るものではなく、そのままにしておけば周囲の爪にも白癬菌の感染が広がって、全ての爪が黒ずんでしまいます。
このような爪になってしまえば、人目が気になって裸足になることすらできなくなってしまう人もいるでしょう。
ですから爪白癬の症状がでている人は、早期に治療をはじめることが必要です。
ただし一般的な水虫薬では爪白癬は完治させることができません。
完全に爪白癬を治したいのであれば、皮膚科など専門の医療機関を受診して適切な治療を受ける必要があるのです。

スポンサーリンク

黒い足の爪の原因となる白癬菌は、爪の奥深くに潜伏しています。
ただでさえ分厚くなった爪ですので、クリーム状や液体上の外用薬を使用しても、白癬菌が潜伏しているところまで有効成分を届けることができません。
したがって爪白癬を治療するためには外用薬だけでなく、内服薬も使用することが必要なのです。
しかもこの内服薬は薬局やドラッグストアなどで購入できるものではありません。
内服薬として用いられる抗真菌薬は、使用するに当たっては注意しなければいけないこともありますので、医療機関を受診して処方してもらわなければ手に入れることができないのです。
また医療機関で内服薬や外用薬を使用した治療をはじめても、すぐに症状が改善されるわけではありません。
黒い足の爪をきれいな状態にするためには、かなりの長期間にわたって治療を続けることが必要になるのです。
すぐに症状が改善されないからといって諦めることなく、根気よく治療を続けることが大切です。

スポンサーリンク