爪 黒い線 ストレス

ストレス以外の爪に黒い線が出来た際の原因

スポンサーリンク

爪に黒い線が表れる際には、様々な要因が想定されますが、主にメラニン色素が増加したためだと言われています。
こういった症状を総称して爪甲色素線上と言います。
その原因はだいたいがメラニン色素が一店に集中してできたほくろや、加齢、圧迫、強打などの物理的なストレスを与えたことによって、内出血を起こして、伸びた時に引き伸ばされたことが原因に挙げられます。
手にある部分なので、症状が気になればいつでもチェックすることができます。
ハンドクリームで保湿などのハンドケアや、食生活の改善、ストレスの対策など、症状を改善できる項目がないかチェックすると改善につながります。
しかし、線が気になる場合や、線が出てきてから普段の生活や健康などに異常があった場合は、内科や皮膚科で早めに診察を受ける必要があります。
黒い線がはっきりと幅を広げていくと、ホルモンの異常によるアジソン病や皮膚がんの一種であるメラノーマなどの疑いもあります。

スポンサーリンク

爪の黒い線が拡大していたり、色が濃くなっていると、皮膚がんの疑いがあります。
早急に、皮膚科で検査を受けに行くことを推奨します。
別名ではメラノーマとも言われており、足の裏に発症しやすいとも言われていますが、爪に発症することもまれにあります。
主に中年の方が発症しやすくなっており、初期症状の見た目も、普通の色素沈下によるものと変わりがないため、見分けがつかず放置してしまいがちです。
皮膚がんが疑われる場合は、次第に黒い線の幅が太くなり、爪全体が灰色または黒っぽく色が変わっていきます。
また、ホルモンの以上によって発症するアジソン病とも考えられます。
副腎の働きがストレスなどの何らかの原因によって損なわれて、副腎皮質ホルモンの分泌が慢性的にできなくなってしまう病気です。
皮膚の色素沈下や、体重減少、低血圧などが症状に出てきます。
黒い線が現れたら、アジソン病やメラノーマなどの病気を念頭において、皮膚科や内科で検診を受けることが重要です。

スポンサーリンク