爪 黒い線 うっすら

爪にうっすら黒い線が現れる

スポンサーリンク

普段は気にかけることの少ない爪ですが、体の健康状態を表す場所としてとても重要な場所と言えるでしょう。
健康な爪の場合、透明感のあるピンク色をしていることが多いのです。
そしてなだらかな孤を描いた形になっています。
しかし体調に変化が現れると、うっすら黒い線ができることがあるのです。
それには様々な原因が考えられるでしょう。
10代後半に現れるようでしたら、色素沈着の可能性があるのです。
ほくろと同じようにメラニン色素が増加することで発生する現象で、体への害はないのです。
老化によってシワができていることが原因の場合もあるでしょう。
40代頃から現れる事が多く、うっすら黒い線が出る以外にも白い線が見られることもあるのです。
病気との関係性はないと言えるでしょう。
外的刺激によって、爪の内部が出血して起こることもあるのです。
足への負担が大きい運動やギターなどの衝撃により強い負担がかかることで、血豆のような黒い斑点が現れるでしょう。

スポンサーリンク

外的刺激によってうっすら現れた黒い線は、爪がのびることによって自然に消えていくのが特徴です。
出血が多かったり強い痛みがある場合は、皮膚科で診てもらうといいでしょう。
爪に現れる黒い線は、メラノーマという病気の可能性もあるのです。
皮膚がんの一種で、初期の症状ではほくろと似ているため気づかないこともあるのです。
しかしメラノーマの場合、黒い線が帯状に拡大していき全体的に黒や灰色に変色してしまう特徴があるでしょう。
中年の方に発症しやすい病気で、足の裏や爪に現れる事が多いのです。
黒い線が拡大していったり濃くなっているようでしたら、すぐに皮膚科で検査をする必要があるでしょう。
ホルモン異常によって現れる、アジソン病が原因になっていることもあるのです。
副腎の働きが低下して起こる病気で、食欲不振や低血圧などの症状も一緒に現れることがあるのです。
全身的に不調を感じるようでしたら、内科で診てもらうといいでしょう。

スポンサーリンク