爪 黒い線 短い

爪に短い黒い線が現れるときには

スポンサーリンク

自分の爪や手をしっかりと観察することは少なくなっています。
しかし縦に短い黒い線が入っているというときには、病気の可能性があるのではないかと心配になります。
爪は人間の体の中でも健康のバロメーターとなっています。
したがって健康な状態の時には薄いピンク色をしていますが、短い黒い線が縦に見られるというときには、何らかの異常がある可能性があります。
体に何か異常が発生すると、この部分にサインとして現れてくることがあります。
したがってその原因をしっかりと突き止める必要があります。
なぜ縦線が入るのかというと、これは老化現象が関係しています。
したがって大きな病気ではないので心配する必要はありません。
加齢と共に人間の皮膚にはしわが現れるようになっていますが、それと同じようにしわのような線が出てくるのです。
このほかに考えられる原因としては、乾燥があります。
この部分は乾燥をすることでダメージを受けやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

人間の爪は皮膚と同じように、乾燥をするとダメージを受けるようになっています。
ストレスや栄養不足になったり、ホルモンバランスが乱れたりすることで縦の線が見られることもあります。
したがってこれらの症状を改善するために、しっかりとビタミンやミネラルを補給する必要があります。
またストレスをためないような生活を心がけます。
そのなかで手や足の爪に短い黒い線が現れることがあります。
これはどのような原因が考えられているのかというと、根本の部分にほくろがあるというのが背景にあります。
この部分にほくろがあると、爪が横に伸びるようになっているので、結果的に黒い線として現れるのです。
しかし悪性化することはないので心配する必要はありません。
しかし注意しなければいけないことがあります。
それはメラノーマになります。
皮膚がんの一種で悪性黒色腫となっていますが、足の裏に発生することが多くなっています。
しかし爪に現れることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク