足の爪 横線 でこぼこ

足の爪に横線が入ってでこぼこしている症状

スポンサーリンク

足の爪に横線のようなものが入って、爪がでこぼこしてしまうことがあります。
これには原因があり、その原因を取り除きさえすれば足の爪のでこぼこは治すことができます。
足の爪に限らず、爪に横線ができていまいでこぼこしている場合、その原因は、爪を作る『爪母』という部分に何らかの衝撃やダメージが伝わったか、爪を作る栄養が足りず爪が正常に作られなかったか、のどちらかが考えられます。
爪母で爪を作る際に、ダメージを受けたり、栄養が足りなかったりすると爪の発育が一時的に止まってしまい、その部分が横線となって表れるのです。
つまり、すでにできた爪に線が入るのではなく、最初から横線の入った爪が出来上がるということです。
具体的な原因としては、爪をぶつけたり爪母の部分を傷つけたりしたせいでできてしまった外的要因と、栄養不足や不規則な生活・ストレスによって身体のリズムが崩れてしまいうまく爪を作ることができなかった内的要因があげられます。

スポンサーリンク

足の爪に横線でこぼこを入れないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。
まず、衝撃など外的要因が原因の場合、その衝撃を与えないようにすればいいだけなので対処はとても簡単です。
爪母の部分を傷つける可能性としては甘皮処理のときなどが考えられますが、甘皮は本来爪を守るためのものですので、無理やり処理をするのではなく、余分なものだけを取り除くようにするべきです。
また、ネイルサロンなどプロの手に頼るのも一つの手です。
栄養不足などの内的要因が原因の場合、まずは生活習慣を見直すことが大切です。
特に栄養面では、バランスの良い食事を心掛け、たんぱく質と亜鉛の多い食材を選んで食べることが重要です。
また、爪は睡眠中に作られるので、しっかりと睡眠をとることで健康な爪づくりをサポートすることができます。
爪は伸びるまでに長い日数を要します。
そのため現在の爪の状態は、数か月前の自分の身体の状態を表しているということになります。
爪は健康のバロメーターという言葉もあるぐらいなので、自分の爪の状態にはなるべく気を配り、異常があればすぐに対処することが必要です。

スポンサーリンク