足の爪 白い ボロボロ

足の爪の色が白い、ボロボロ剥がれ落ちる症状は水虫の可能性あり

スポンサーリンク

気温が高くなると足の水虫の症状に悩まされるという方は、足の爪もチェックして見て下さい。
爪がピンク色ではなく白い色をしている、足の爪に触るとボロボロと剥がれ落ちてきませんか。
これは、爪水虫又は爪白癬と呼ばれている症状で、足の水虫が広がって足の爪にまで感染している状態です。
爪水虫は日本人の10人に1人に見られる症状で珍しい症状ではありません。
最初は足の親指から症状が始まり、他の爪にも広がっていきます。
痒みがなく気付きにくいため放置しがちですが、気付いたら足の爪が全部ボロボロになって剥がれ落ちるということにもなりかねません。
当然、家族にも水虫が感染していきます。
水虫はカビの仲間である白癬菌が皮膚に寄生したために起こる症状です。
白癬菌は皮膚内部の角質層にあるケラチンが大好物です。
ケラチンとはたんぱく質の1種で髪の毛や皮膚、爪はケラチンから出来ています。
爪の奥にはケラチンが豊富にあるので、白癬菌は足の爪にも寄生してどんどん増えていきます。

スポンサーリンク

 では、足の爪が白い、ボロボロになっているという場合について述べていきます。
水虫だから市販の水虫治療薬を塗っておけば大丈夫と思いがちですが、爪水虫には殆ど効果は見られません。
爪の表面に薬を塗っても白癬菌は爪の内部にいるので薬の成分は白癬菌にまで到達しないのです。
以前から足の水虫がある人は皮膚科を受診して爪水虫用の飲み薬を処方してもらいましょう。
飲み薬の成分が体の中から白癬菌に効いて症状が改善されます。
また、飲み薬の成分は体内にしばらく留まるので、爪の中にいる白癬菌が息を吹き返して増殖しないように抑える効果があります。
しかし、自己判断で治療を止めてしまうと隠れていた白癬菌が増えてしまい爪水虫を再発することに繋がります。
爪水虫は白い爪になるだけではなく、黄色や茶色、黒色に変色することもあります。
爪が白いからといって必ずしも爪水虫とは限りません。
他の病気が隠れている場合もあります。
爪の異常に気付いたら皮膚科の医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク