爪が割れる 処置 足

足の爪が割れる場合の処置について

スポンサーリンク

足の爪が割れると非常に痛いものですが、実は普段の生活スタイルが大きな影響を与えていたのです。
本来は足裏は3点で支えるようになっているのですが、足にフィットしていない靴を選ぶことにより、つま先が浮きやすく、踏ん張ることが出来なくなってしまいます。
そうすることでさらに甲が高くなったり、余分な筋肉が付きやすくなるので、足にフィットした靴を選ぶのは非常に大切なことなのです。
このことがきっかけで付加がかかり、爪が割れる場合もあります。
爪を伸ばしすぎることが要因になることもあるので、適度な長さで切ることも大切です。
他に考えられる要因としては、栄養不足があげられます。
女性はマニキュアを塗る方もいるので、除光液などを使用する際にも、一度見なおしてもみてもいいかもしれません。
深爪をしないことも大事です。
日々生活する中で、こういった点に少しでも注目していくことで、健康について考えるきっかけ作りが出来るのです。

スポンサーリンク

もし爪が割れるようなことが起こった場合、無理に剥がしたりしないことが大切です。
足にぴったり合った靴を履くように心がけたり、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB2などの入った、バランスの良い食事を取るのもお勧めです。
肌や爪が乾燥している場合は、クリームを塗るなどの処置も必要です。
ストッキングなどに引っかかる場合は、応急処置として、絆創膏を貼って爪を休ませることも大事です。
そのように処置をしても症状が改善されない場合は、病院に行くのもいいかもしれません。
爪に塗るオイルなども薬局等で売られているので、クリームと併用して使用してみるのもお勧めです。
ボトルが置いてあるだけでも可愛い物もあり、種類は豊富です。
少しでも身体について考える週間が出来ることで、食生活も改善しやすくなってきます。
もし機会があれば、爪の健康について考えてみてもいいかもしれません。
爪だけではなく、身体全体の健康にも興味が出てくると、日々の過ごし方も変化が出てきます。

スポンサーリンク