足の爪 割れる 横

足の爪の横が割れるときには

スポンサーリンク

きれいに形を整えて爪を伸ばしているという人がいますが、非常にデリケートな部分となっているので、保湿などのケアをすることが大切です。
このように整えたにもかかわらず、縦や横に割れることがあります。
考えられる原因としては次のようなことがあります。
それはタンパク質とケイ素が不足しているということです。
このほかには紙ヤスリを使いすぎであったり、爪切りの方法が間違っているというようなことが考えられます。
また台所用洗剤が影響をしていたり、除光液の作用によって割れることがあります。
そこで足の爪が横に割れないようにするための対処法としては、タンパク質とケイ素を摂取するというものがあります。
これで足の爪を強くすることができます。
爪の成分はケラチンというアミノ酸です。
したがってこのケラチンをたくさん含んでいるタンパク質を積極的に摂取することで、爪にしっかりとした栄養を行き渡らせることができます。
そしてケイ素に関してですが、コラーゲンを束ねて組織を強くする働きがあります。

スポンサーリンク

爪は下の皮膚の部分から水分や栄養分を補給しています。
また皮膚に関しては約70パーセントがコラーゲンでできています。
したがって爪が割れるのを防ぐためには非常に重要となっています。
ケイ素はどのような食品に含まれているのかというと、じゃがいもや小麦やパセリ、トウモロコシやアスパラガスとなっています。
また足の爪などを手入れするときに紙ヤスリを使うという人がいますが、これが横に割れる原因となっていることもあります。
必ずしもすべてが原因になっているということではありませんが、使い方を変えるだけで予防をすることができます。
この時に理想的な紙ヤスリは、薄くてしなるようなものを選ぶようにします。
爪切りに管関しては、爪の理想的な形があります。
それはサイドをまっすぐにしておきます。
角の部分は角張らせずに丸く仕上げるというのがポイントです。
台所洗剤に関してですが、汚れをしっかりと落とすことができる合成洗剤がありますが、これは爪や皮膚の油分まで取り除いてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク