爪 ピンク 伸ばす 自分で

自分でピンクの爪を伸ばすためには

スポンサーリンク

人間の爪は健康のバロメーターとなっていますが、そのなかで健康的な状態は非常に硬いものとなっています。
逆に簡単に折れたり曲がったりしてしまうと、栄養や水分が不足していると判断することができます。
健康な爪はピンク色をしていますが、このような状態に自分で伸ばすための方法があります。
ネイルを楽しみたいと考えている女性は多くなっていますが、ここが割れてしまっていては仕上がりがきれいになりません。
したがって毎日のケアが大切になります。
切りすぎたり保湿をしっかりと行っていない、このほかにはマニキュアやリムーバーを使う回数が多いというような場合には、大きな負担をかけていることになります。
したがってピンク色の健康的な状態に自分で伸ばすためには、健康を保つことが大切になります。
そのためには日頃から心がけておかなければいけないいくつかのポイントがあります。
まず自分でピンクの爪を伸ばすためには、ケアをお風呂上がりに行うようにします。

スポンサーリンク

基本的には硬い状態となっていますが、これを乾燥したまま爪切りで切ってしまうと大きな負担がかかってしまいます。
これがひび割れなどの原因となってしまいます。
したがってお風呂に入ったときやお湯に指をつけて、弾力がある状態に準備をしておくことが大切です。
ヤスリを使うと効果的です。
この方法で長さを整えるようにします。
また白い部分をすべて切ってしまうという人がいますが、これは間違った方法となっています。
実際に伸ばしたときに白い部分が多くなってしまいます。
したがってこの白い部分を1ミリメートル程度残して処理をします。
また一度にたくさん切らずに、1ミリメートルから2ミリメートルずつの長さで切っていくようにすると上手に仕上がります。
ヤスリを使う場合には、まず平らに削ります。
その後でサイドを削って形を整えていきます。
この時に注意しなければいけないことがあります。
それは左右に向かって削ると表面の仕上がりが粗くなってしまいます。

スポンサーリンク