足の爪 剥がれる 原因

足の爪が剥がれる原因とは

スポンサーリンク

足の爪が剥がれる状態は、二枚爪や爪甲剥離症などといわれる場合があります。
爪甲剥離症による足の爪が剥がれる原因には、トゲなどが爪の間などに刺さってしまうなどの外的要因によるものや、カンジダ菌などの感染によるものなどが考えられます。
また、病気以外でも、靴などが足にあっていないため、爪が靴の先端にこすれたり、あたったりすることでも爪にダメージが蓄積して剥がれてしまうこともあります。
もし、そのような心当たりがある場合には、靴を自分の足に合ったものに買い換えてみて様子をみるのもいいでしょう。
しかし、その他にも、他の病気などに伴って爪甲剥離症になってしまうこともありますので、足の爪の状態がおかしいと感じたら、できるだけ早めに医療機関で診察を受けるといいでしょう。
爪が剥がれる原因を明確にすることで、不安を解消し、病気などの場合には適切な治療を受けることで剥がれた爪を元のきれいな爪に早く戻せるようにすることも大切です。

スポンサーリンク

爪になんらかの変化や、いつもと違う状態の時には、自身の健康状態があまりよくない場合が多いです。
爪は健康のバロメーターともいわれており、爪がガタガタの状態やスジのようなものが入ったり、色が白くにごったような色をしている場合などは、爪になんらかの菌が侵入している状態や、なんらかの病気の可能性もあります。
原因が単純に少し疲労が溜まっただけならばいいですが、回復がみられない場合には、病気などの自覚症状がなかったとしても、念のために病院に行き診察を受けることをおすすめします。
爪に異常がある場合には、さまざまな病気によって引き起こされている場合や、体調不良などの免疫力低下しているため、爪に菌が感染し繁殖などをし始めていることも考えられます。
医療機関で診察をしてもらうことで、自分でも気付かなかった病気への早期発見にもつながるかもしれません。
また、免疫力低下などの場合には、生活を改善し、健康的な生活ができるように心がけることで体調不良を改善し、免疫力を高めることも重要です。

スポンサーリンク