綺麗な爪の形にする方法

綺麗な爪の形にする方法について

スポンサーリンク

爪の形が悪いとネイルもし難く映えないというコンプレックスがある人も多いと思います。
爪の形が綺麗な人は指が長く見えてネイルにしても綺麗に見せることができるため綺麗な爪の形には憧れるものです。
しかし、爪の形は生まれつきのものだし綺麗にならないのではないかと思われがちです。
けれど実はキチンと綺麗な爪の形にする方法はあるため、ケアをすることでネイルの映える綺麗な爪の形にすることができます。
爪のピンク色のネイルベットといい、この部分が長いと綺麗な指に見せることができます。
この部分を伸ばすためにはハイポニキウムと呼ばれる爪と指をくっつける役割をしている部分を育てる必要があります。
ハイポニキウムは爪を支えるだけではなく、ばい菌から指先を守る働きをしています。
ネイルベットを伸ばす場合には、このハイポニキウムの位置を上に上げていくことが大切です。
ハイポニキウムにダメージを与えてしまうのが、深爪のしすぎや指先を使う、乾燥しているということがあげられます。

スポンサーリンク

綺麗な爪の形にする方法はハイポニキウムを育てることが有効です。
育てるためには、重要なのが爪を切るときです。
深爪をしてしまうとハイポニキウムが傷ついてしまいネイルベットも小さくなってしまいます。
ハイポニキウムを育てるためには爪を切るときに、2〜3mmほど爪の先端を残して切っていきます。
また、爪切りでは爪自体にダメージを与えてしまうため避けた方が良いとされています。
できれば爪やすりで整えていくことがおすすめです。
綺麗な爪の形にする方法して乾燥を避けることも重要となります。
しっかり爪の中まで保湿する必要があり、手を綺麗に洗って爪の中の汚れを取り除いたら爪の中までしっかりとハンドクリームやオイルを塗って保湿していきます。
一日三回ほどマッサージをしながら行うと効果的です。
爪先は自分が思っているよりも弱く、ネイルで補強するというのも良いとされています。
また、衝撃にもハイポニキウムは弱いため爪に力がかかることはなるべく避けることが無難となります。

スポンサーリンク